BCP

事業継続計画/
非常時における通信手段
首都圏直下型地震や南海トラフ地震などの発生が予想され防災意識が高まる一方で、非常時における共有の円滑なコミュニケーション・ツールが十分に配備されていないという課題も残します。この解決に有効なツールの一つが「即」伝達のコミュニケーション手段である「無線トランシーバー」です。緊急時だけでなく、日々の業務・行事・イベント等にも適しています。
最新型広域IP無線機「コスモトーク」は、「docomo携帯電話がつかえる場所ならどこでも通信可能」というのが最大の魅力。
防災無線機としての機能が充実!

数あるIP通信機の中でも「コスモトーク」は、某TV局・農業協同組合にもBCP対策として採用された実績があり、防災通信機としての機能が最も充実しています。

■ FOMAエリア

  • 無線の常識を覆す通話エリア
    コスモトークはNTT docomo FOMAの基地局を利用することで携帯電話が繋がる場所ならどこでも通話可能。
    GPSによる位置管理が可能
    になり、リアルタイムで現在地の把握が出来ます。

■ システムの安定化

  1. 急激な通信量の増大にも対応します。
  2. 万が一、サーバーの故障時も、クラウドコンピューティングで通話ダウンの心配がありません。
  3. 2地点にサーバーを設置し、完全二重化による通話ダウン防止の万全なシステムが構築されています。
製品ページ カタログダウンロード お問合せ お見積り