よくある質問

どの無線機を使えばいいのか、よく分からない・・・。
屋外・屋内・距離・範囲・障害物の有無など、無線機が必要とされるビジネス・シーンは様々です。ご利用される条件を弊社専門スタッフがお聞きし、最適な無線機運用方法をご提案いたします。お気軽にご相談下さい。
通信のテストは可能ですか?
もちろん可能です。標準では2台1セットを1泊2日ほどでお貸ししております。詳しくはお問い合せ下さい。
現在使用している無線機とラジオファクトリー無線機は通信できますか?
まずは、ご連絡下さい。現在ご使用中の無線機について、いくつかお尋ねいたします。その際、既存局の免許申請関連書類があると、的確な判断をすることが出来ます。
どの位の距離まで使えますか?
ご使用になる環境により異なりますが、仮に見通しの良い場所で想定しますと、以下のようになります。※あくまでも目安としてお考えください。
送信出力 距離
簡易業務無線機 5W 3~5km
1W 1~2km
特定小電力無線機 10mW 200m
同時通話無線機 1mW 100m
どこでもレンタル利用出来ますか?
日本国内であれば、どこでもご利用になれます。お客様の指定日に必ず間に合うよう準備・発送致します。また、海外でのご利用につきましても、対応可能です。その際は、国によって対応機種や無線局免許条件が異なりますので、別途ご相談下さいませ。
長期レンタルは可能ですか?
可能です。レンタルの期間は「3日間」、「1週間」、「2週間」、「3週間」、「1か月」のいずれかから、ご利用の期間に合わせてお選び頂けます。1か月を超えるレンタルの場合はご相談下さい。
バッテリー、オーディオ・アクセサリーなど、オプションのみのレンタルは可能ですか?
申し訳ありませんが、オプションのみのレンタルには、対応できません。
無線局免許は、どの様に取得できますか?
簡易業務無線局の免許取得につきましては、全て弊社にて申請代行(有料)させて頂きます。但し、取得申請代行するための委任状が必要になります。従いまして、お客様の手続きは、こちらの日本地図から貴社ご本社所在地の委任状をプリントアウトしていただき、弊社宛に捺印済原本をご送付いただくだけです。その他種別の免許取得に関しては、ご相談ください。
免許取得の代行費用などは、いくらですか?
申請する無線局の種別により、申請代行手数料が異なります。その他、陸上無線協会手数料、申請用収入印紙代金が必要です。詳しくはご相談下さい。又、免許有効期間中は1局あたり450~500円の電波利用料が、毎年総務省より請求されます。
免許の有効期限はありますか?
基本的に5年間です。有効期限日の3カ月前までに、再免許申請が必要です。
免許を廃止したいのですが・・・。
免許の廃止届けが必要です。委任状を頂ければ、弊社にて代行提出(有料)致します。これを行わずに放置いたしますと、毎年電波利用料が請求されます。
会社の体制に変化があったときは?
変化の内容によって異なりますが、無線局免許の変更申請(届)が必要になります。委任状を頂ければ、弊社にて代行申請・提出(有料)致します。詳しくはご相談下さい。
特定小電力無線機はメーカーが違っても通信できますか?
20ch機であればメーカーによりチャンネル表示が違いますが通信可能です。ただしデジタル機とアナログ機は通信出来ません。必ずご購入いただく前にご相談下さい。